保存方法における注意点

市販の塩こうじの中には、常温で保存できるというものもありますが、
自分で作った塩こうじは、熟成後ヨーグルトと同様、
冷蔵庫に入れて保管しましょう。

ふたがピッタリ閉めることができる容器を使用することを
オススメします。

容器はホーロー、陶器、プラスチック、ガラス瓶なんでもOKです。
しかし金属の容器だけは使用を避けて下さい。
塩こうじには材料に塩を含みます。
塩は金属を腐食させる性質を持っているため、
ステンレスやアルミなど金属を使った容器の保存には向きません。

また使用する際には清潔なスプーンを使い、
ただスプーンですくうだけではなく、
何回かかき混ぜてから塩こうじをすくうなどの気遣いが必要です。

この気遣いが塩こうじをカビや傷みから守ることになります。

塩こうじの味に酸味が強くなってきた場合には、
こうじの白カビではなく、熟成の進み過ぎによるアルコール化が考えられるので、
保存は失敗となります。
もちろん青カビが生えても使用することはできません。

基本的に作った塩こうじは6カ月以内に使いきるようにしましょう。
継ぎ足して行けば、1年以上使うこともできます。

しかしこのように保存に注意が必要な調味料になるので、
最初から大量に作るのではなく、少しずつ作る方が無難とも言えます。

▲ページトップへ

HOME
基礎知識
HOME
商品紹介
HOME
特徴
HOME
その他の塩こうじ商品
HOME
レシピ
HOME
初めて作る塩こうじ日記
HOME
取り扱い注意点
HOME
塩こうじを作る
HOME
塩こうじアラカルト
HOME
関連書籍

相互リンク・お問い合わせ