塩こうじ作りを振り返り・・・。

初めての経験の割には、スムースに運んだ塩こうじ作り。


何を隠そう私の料理は、超テキトー。


調味料を使う時に、ほとんど分量なんて計ったりしません。


それでも塩こうじはできたのですから、
ほぼ誰もが塩こうじはできるものと、確信できました。


でも仕込みの際の塩、こうじ、水の分量はきちんと守りましょうね。


さすがの私もそれだけは計りましたよ。


また教科書にはざっくりと夏は1週間、
冬は10日~2週間と寝かす期間が書かれていましたが、
本当に発酵には気温が大きく関わるものだと実感しました。
梅雨時は夏場に入ると、私は計算していましたが、
思ったよりも気温が上がらず、
夏場と同じようには実際に発酵は進みませんでした。


これはかき回す時に気を付けていれば、
気が付くものだと思いますから、
発酵が遅ければ長く寝かせれば良いし、
早ければ短い期間寝かせて冷蔵庫に入れるなどの
臨機応変な対応をすれば、全く問題ないと思います。


また芯がしつこく残ったのにも、
気温が関係していたのではないかと思いました。


本当はもう少し常温で寝かせてもよかったかもしれません。


でもすぐに使用するつもりがなかったので、
今回は冷蔵庫に保管して発酵を待つことにしました。


冷蔵庫に入れて保管中の塩こうじも発酵は進みます。


若干の芯は冷蔵庫保管中に、
柔らかくなるだろうと思いました。


市販で買えばそれなりの値段がする塩こうじ。


普段使いだったら、量も多くできる自前の塩こうじを
作ってみませんか!

 

 

▲ページトップへ

HOME
基礎知識
HOME
商品紹介
HOME
特徴
HOME
その他の塩こうじ商品
HOME
レシピ
HOME
初めて作る塩こうじ日記
HOME
取り扱い注意点
HOME
塩こうじを作る
HOME
塩こうじアラカルト
HOME
関連書籍

相互リンク・お問い合わせ