八海山の塩こうじ

新潟県南魚沼に位置する八海山。


日本酒の中でも銘酒としても有名ですね。


その銘酒と名高い「八海山」の制麹技術で製造した塩こうじができました。


銘酒「八海山」は、新潟県南魚沼市長森に本社を置く
八海醸造によって作られています。
創業は1922年(大正11年)と歴史は古く、
酒造りに最適の雪国魚沼の環境と
「寒梅と八海山は兄弟蔵」とも言われた酒造りの技で、
酒質評価が非常に高い清酒となっています。


酒造りに注ぐ一切の妥協のない一元の心を八海醸造の蔵人は、
「金剛心」と呼び合うそうで、
「八海山」が不動の銘酒として輝かしい名声を得ても尚、
さらに上を目指した酒造りに、まい進されているそうです。


清酒以外では、発酵食品企業として、
米やこうじ、発酵をコンセプトにしており、
今回「八海山」ならではの塩こうじができあがりました。


八海醸造自慢の一品、塩こうじ。


使用しているこうじは、清酒「八海山」の端麗な味わいを
造り出すためにつくられた突破精型と言われる米こうじです。


精米歩合60%という磨き抜かれた米で造られているため、
雑味がなく、上品な味が特徴とのこと。


こうじ造りのプロフェッショナル八海醸造が、
南魚沼の最高品質の米を原料に塩こうじを製造。
どんな仕上がりになっているのでしょう。


注目の塩こうじと言えそうです。



▲ページトップへ

HOME
基礎知識
HOME
商品紹介
HOME
特徴
HOME
その他の塩こうじ商品
HOME
レシピ
HOME
初めて作る塩こうじ日記
HOME
取り扱い注意点
HOME
塩こうじを作る
HOME
塩こうじアラカルト
HOME
関連書籍

相互リンク・お問い合わせ